グルテンフリーを試してみたら、体が楽になったよ(前編)

パン


「頭がスッキリする」


「疲れにくくなる」


「ダイエットの手助けになる」


という効果があると聞いて、グルテンフリーを試してみました。


書いている今、2週間が経過しております。


グルテンフリーを試して私に起きた変化と、気をつけるべき食材についてお伝えします。


グルテンフリーの結果、変わったこと6つ


1.2週間で2kg痩せた


一番驚いたのが、グルテンフリーを試してみて、2週間で2kg痩せたことです。


63kgが61kgになりました(身長は167cmです、参考まで)


激しい運動はしておらず、ホットヨガに2回通ったくらいですので、食生活の変化が原因なことは間違いありません。


飲むだけで痩せるうさんくさいサプリメントとか買う暇があったらグルテンフリーを試したほうが良いです。


2.頭がスッキリしてきた


頭がぼんやりするようなときがあったのですが、それが少なくなりました。


頭の回転が早くなった、と思います。


食後に眠くなることは変わらずですが、「ボーっと」するようなことがなくなりました。


3.食事の量が減った


原因は不明ですが、食欲が少し減りました。


1日3食は食べていますし、2食はご飯茶碗1杯食べています。


お腹いっぱい食べるような大食いはしなくなりました。


4.疲れにくくなった


仕事をしていると、夕方頃には疲れることもありましたが、その頻度が減りました。


グルテンフリーを試してから、食事の量が減ったことで胃への負担が減ったからではと思っています。グルテンの影響もあるかもしれません。


5.食材を気にし、自炊するようになった


これは不可抗力的な結果です。


外食のときに小麦を避けることが結構難しいからです。


そうすると、自分で作るしかないです。


自炊するとなると、買い物のときに原材料欄をまめに見るようになります。食べるものについて気を配るようになりました。変なものを適当に買うようなことはなくなりました。


ちなみに、外食が減ったので、少し食費が節約できました(笑)


6.小麦が食べたくなる病にはならなかった


グルテンフリーを試している人の情報をネットで探すと、1週間位で小麦が食べたくなる、という感想をよく見ましたが、私にはそれは起きませんでした。


私はビールとラーメン好きですが、食べたくはなりませんでした。


1ヶ月後に食べたくなるかもしれません。


 


グルテンフリーのときに避ける食べ物簡易まとめ


グルテンフリーのときに気をつける食材は何でしょうか。


グルテンフリーを行うに当たり避けている食材をまとめました。


1.パン・パスタ・うどん・ラーメンなどの主食


小麦を使っている食べ物の代表格はパンやパスタ、ピザでしょう。


もちろん、サンドイッチ、ベーグル、ハンバーガーもNGです。


日本的な食べ物としてはうどん、ラーメン、お好み焼き、焼きそばなどがNGです。


蕎麦は10割であれば大丈夫です。


2.クッキー、ケーキ、まんじゅうなどのお菓子


お菓子類も結構小麦が使われています。


クッキーやケーキ、ドーナッツ、クレープなどはアNGです。


日本的な食べ物としては、まんじゅう、あんまん、カステラなどがNGです。


あんまんではなく、ただの餡こでしたら大丈夫です。


3.餃子、コロッケ、ハンバーグなどのおかず


餃子やシュウマイ、春巻の皮や、揚げ物の衣とフライに使われています。


ハンバーグはつなぎで使われているのでNGです。


つくねやお麩もNGです。


おかずかはさておき、カレーやシチュー類も小麦のことが多いのでNGです。


もちろん、米粉とかで代用していれば大丈夫です。


4.醤油・味噌


厳密に言うと、醤油も避けるべき食材です。


大豆だけでなく、小麦が入っている醤油が多いためです。


たまに、グルテンフリーの醤油が売っていますが、外食時に醤油が使われている場合は殆どの場合が小麦入りの醤油です。


私の場合は、自宅の醤油はグルテンフリーですが、外での食事については醤油だけは例外にしました。


 


グルテンフリーについての見解


体の調子が良い方向に変わっていったので、グルテンフリーを試してよかったと思っています。


ですが、小麦が悪だとは全く思いません。


小麦が好きな人はたくさん食べればいいと思います、好きなものを食べるのは幸せなことですし。


また、小麦に対する反応は個人差がありますので、セリアック病のように小麦を食べると大変な人もいますし、食べても全く問題ない人(グルテンフリーの効果がない人)もいます。


ですので、むやみに


「グルテンフリー万歳!!」


という気はありません。


ただ、健康維持やダイエットの方法として一時的にグルテンフリーを試してみることはいいことだと思います。


今のあなたは、あなたが食べたもので成り立っている。(You’re what you eat.)


グルテンフリーを試すことで、小麦という食材と、そして自分の体・食生活と向き合ういい機会になることは間違いありません。


 


後編では、グルテンフリーの科学的な根拠とOKな食べ物についてお伝えします。

*
*
* (公開されません)